介護を簡単に行えるよう工夫された環境を目指そう

介護職に就くため

設計図と模型6

高齢化に伴い介護の求人が増加しています。そのような中、介護職員初任者研修を修了していると手当がつく職場もあり、介護職員初任者研修は介護の仕事に就く前に修了しておきたい資格と言えます。 介護職員初任者研修を実施している主体は多いため、選ぶときに迷うことが多いですが、受講料、受講日、通学時間に留意する必要があります。まず受講料ですが、非常に幅があり、受講先によって10万円以上も違うところもあります。また、受講日も平日のみコースと土日のコースなど様々です。特に介護職員初任者研修修了後、転職しようと思っている社会人にとっては土日のコースだと現在の仕事と両立できるというメリットがあります。最後に通学時間ですが介護職員初任者研修では実技の授業もあり、非常に疲れます。したがってできるだけ通学時間がかからないところで受講すると負担が軽くて済みます。 上記の視点をもって研修の詳細案内をみていると自然と自分にとって最善のところが選択できます。

介護職員初任者研修受講時には、同じように受講に来ている人が大勢います。彼らはかつてのヘルパー2級資格などの有資格者もいますが、まったくの初心者という人もいます。そのため、介護職員初任者研修資格受講者は受講するべき講義自体が少ない人もいます。 ただ、この介護職員初任者研修資格を取得することでヘルパー職としての勤務ができるようになりますから、横の連携が生まれることはよくあります。 この介護職員初任者研修でともに学んだ人であれば、今後の情報のやり取りなどもやりやすくなります。どの事業所がいいとかケアマネジャーがどうだといった情報ですので、こうした横の連携も視野に入れて学ぶようにする工夫をすれば、その後の仕事がやりやすくなる可能性は高くなります。