介護を簡単に行えるよう工夫された環境を目指そう

費用を抑えて

台所

これから迎える超高齢化社会に備えて、それに合わせたサービスや商品が提案されています。介護リフォームも、そのうちの一つです。高齢化してくると、今まで住んでいた家でさえ危険な場所になることがあります。床の段差や階段などは、つまずきやすく転倒の危険があります。その他にもお風呂場は特に危険で、滑りやすくなっています。もしこの先車椅子で生活することになったら、家のなかをバリアフリーにする必要がでてきます。家の中での不安を解消して安心して暮らしていくためには、介護リフォームが必要です。また介護リフォームをすることは、介護をする家族の負担を減らすことができます。これからの高齢化社会に、介護リフォームの需要は高くなります。

介護リフォームは一定の基準を満たせば、介護保険から助成金が出ます。20万円を限度として、費用の9割が支給されます。介護リフォームの種類は、いくつもあります。その家に必要に応じてのリフォームになるため、内容によって費用も変わります。介護はその本人と家族にとって負担が大きく、少しでも暮らしやすい家をつくることは大きな課題になります。手すりをつけたり段差をなくすだけでも、家の中の危険度は下がります。家の中で一番大変なお風呂もリフォームすることによって、過ごしやすくてくつろげる空間になります。また介護リフォームで助成金を使うことによって、費用の負担も軽くなります。介護リフォームは、家族全員のためになります。