介護を簡単に行えるよう工夫された環境を目指そう

楽に介護出来るよう

家の模型を持つ手

高齢者を介護する上で最も重要なのが、介護設備を充実させることです。介護の際には力が必要な作業も多いため、少しでも楽に介護が出来るようリフォームなどで設備を充実させましょう。

Read more »

費用を抑えて

台所

介護リフォームを行なう際には、介護保険で費用を補うことが出来ます。限度額はあるものの、リフォームを行う際の経済的負担を大きく削減することが出来るため、介護リフォームの際は利用しましょう。

Read more »

リフォームと介護

リビング8

車椅子に乗る方にとって気になるのはやっぱり段差ですよね。そんな時に段差解消機があれば建物の段差を気にせず移動できるんですよ!

現在の日本は高齢者が増えそれにともない、介護を対象としたリフォームが増えている状況です。介護を対象とした住宅作りをしようとした場合、住宅のどんな場所をリフォームすれば良いのか知っていそうで、知らない人が多いです。 ここではどういう場所をどのようにリフォームすれば、介護に役立つか紹介していきます。まず基本になるのが手すりを取り付けるという事です。使用する人によって高さが違ってくるため、使用する人に合わせて手すりの高さを決めるのが大切です。取り付ける場所としては階段や廊下はもちろんの事、浴室やトイレなどに取り付けることが肝心です。特に浴室やトイレはひとつだけでなく、複数とりつける事によりより安全性が高まるためおすすめです。

手すりのとりつけが終わったら次は住宅の段差をすこしでもなくし、なくせない場合は平らにする事を考えることが大切です。特に玄関は段差が高いことが多いため、平らの面積が大きい台などで段差を少なくすることで安全性を高める事ができるのです。 床は滑りにくいものを使用する事が大切です。車椅子の生活を考えた場合、畳よりもフローリングの方が快適に移動できるのです。ですから介護のためのリフォームとしては、床材は畳よりもフローリングにする事が肝心です。扉は開き戸よりも、引き戸の方が開口が大きくとれ更に車椅子での通行する時も楽なので、引き戸にする事が大切になるのです。トイレは和式トイレよりも洋式トイレにする事が肝心です。特に洋式トイレにした場合には、ウォッシュレットを設備にとりいれると良いです。

初心者でも扱えます。かんたん介護ソフトで、必要事項の管理を難なく行えますよ。気になるシステムと導入費をここから要チェック!

事務仕事を軽減させる介護システムの伝送ソフトを知っていますか?多くの介護事業所で選ばれている便利なソフトですよ。

オススメリンク

介護職に就くため

設計図と模型6

介護の資格を取得するためには、介護初任者研修を受けるなど、必要な過程をクリアする必要があります。介護職をする際に資格を活かせばより好条件で働けるため、取得を目指してみるといいでしょう。

Read more »

老人ホームを利用

屋根の建設

有料老人ホームは設備が充実していて快適な生活を送れるようになっているため、介護の必要な人が多く入居しています。同年代の人とコミュニケーションを取る機会にもなるため、有料老人ホームは非常に有用な施設です。

Read more »

快適に移動できる

リビング6

車いすを快適に使うための装置として、段差解消機というものがあります。段差解消機を利用することで足が不自由な方でもスムーズに移動することが出来るため、必要そうな場所には導入しておきましょう。

Read more »